台北観光

【必需品】台湾旅行に持って行くと便利なもの10選 前日までに用意

【必需品】台湾旅行に持って行くと便利なもの10選 前日までに用意【必需品】台湾旅行に持って行くと便利なもの10選 前日までに用意

台湾に限らず、海外旅行の際は日本では必要ない物でも「これ持ってきておけば良かった・・」と思うことが多々あります。今回は台湾に3年間滞在した経験を元に「台湾旅行」の時にあればとっても便利なものを10個ご紹介します。

このサイトは台湾で3年間日本語教師と現地ツアー会社でのガイド経験がある管理人「サボテン」が台湾旅行に役立つ旬な情報をお届けしております。

必需品1:ウエットティッシュ・ポケットティッシュ

必需品1:ウエットティッシュ・ポケットティッシュ必需品1:ウエットティッシュ・ポケットティッシュ

日本でも持ち歩いているかは多いかと思いますが、台湾では絶対持っていた方がいいです。

まずポケットティッシュですが、トイレに紙が無い事がまぁまぁあります。その時に慌てなくて良いように、かならず持っておきましょう。因みに観光地などにあるトイレは基本紙は流してはいけないので、備え付けのゴミ箱に捨てましょう。

ウエットティッシュは、食事や出店などで食べるとき、手が汚れやすい食べ物が結構あります。その他にも手が汚れる場面に遭遇することが多めなので、こちらも持っておいて下さいね。

 

必需品2:クレジットカード

必需品2:クレジットカード必需品2:クレジットカード

夜市や出店などではクレカが使えないので、クレカは必要ないという意見の方もおられますが、私は絶対にあったほうが良いと思います。

デパートなどの大きなお店やブランド店ではもちろん使えますし、クレカがあればキャッシングが出来ます。

またクレカのグレードにより空港のラウンジが無料で使えたり、旅を快適に過ごすことも出来ます。

【台湾】クレジットカードで現金引き出し手数料は?
【台湾】クレジットカードで現金引き出し手数料は?jcbはお勧め? 海外旅行にクレジットカードを持って行きたいんだけど、各クレジット会社によってサービスの違いがあり、いったいどこのカードを持ってい...

 

必需品3:現金(夜市・タクシーなどで必要)

必需品3:現金(夜市・タクシーなどで必要)必需品3:現金(夜市・タクシーなどで必要)

こちらは当然の物になりますが、現金も比較的多めに持っていたほうが良いです。夜市、出店、タクシー(クレカが使える時もある)、などでは使えないので、現金も持っておきましょう。

両替は空港で済ませればOKです。街中でも両替が出来る所がありますが、他の外国に比べると少ないですし、銀行ですると結構待たされます。空港だとパスポート見せてお金渡せばすぐなので、時間短縮の意味でも空港で済ませましょう。

 

必需品4:夏でも長袖のカーディガンなど(電車やMRT乗車時はあった方がいい)

必需品4:夏でも長袖のカーディガンなど(電車やMRT乗車時はあった方がいい)必需品4:夏でも長袖のカーディガンなど(電車やMRT乗車時はあった方がいい)

「台北」は亜熱帯、「高雄」は熱帯に属するため「長袖なんか必要無いでしょ」と思われる方も多いかと思いますが、実は電車(MRT)の車内が寒いくらいクーラーが効いています。

地元の方達も電車内では上着を着ているくらいですので、冷えやすい方は、是非薄手でかまいませんので、上着をお持ちになることをお勧めいたします。

また、猫空(マオコン)などの山の上や、夜景を観賞する場所など、夜になると肌寒くなるところもあります。

 

必需品5:ビニール袋(エコバッグ・ドリンクバッグなど)

必需品5:ビニール袋(エコバッグ・ドリンクバッグなど)必需品5:ビニール袋(エコバッグ・ドリンクバッグなど)

台湾ではコンビニやドリンクスタンドで買い物をしたとき、レジ袋やドリンク袋はもらえません。有料(2元程度)で売っているというシステムになります。

そのため、小さく折りたたむことが出来るエコバッグなんかをひとつカバンに入れておくと大変便利ですよ!

 

必需品6:1日1万円あれば結構遊べる

必需品6:1日1万円あれば結構遊べる必需品6:1日1万円あれば結構遊べる

さて、台湾で観光しながら遊ぶのってどのくらいお金が必要なのかというお話しなのですが、「1日1万円あれば結構遊べます

まず台湾は交通費が安いです。電車や地下鉄も1駅なら100円以下ですし、タクシーを利用しても日本よりかなり安いです。

また「食べる、飲む、入る(入場料)」も安いです。日本の半分と考えてもらえれば大丈夫です。ただし、ディンタイフォンなどの人気店は日本と同じくらいの料金です。ですから、1万円有れば余裕ですね!

 

或いは現地のツアーに参加するのも、時間を効率的に使えるのでおすすめです。

「九份」と「十分」の台北2大人気観光スポットに行く台北ツアーもお勧めです

「ナイト九份」と「十分でランタン天燈上げ」がセットになったツアー

帰りに「士林夜市」に寄ってもらう事も可能

安心の「日本語ガイド」付き

この台北ツアーの詳細を見る

 

必需品7:常備薬

必需品7:常備薬必需品7:常備薬

普段お使いのお薬があれば持って行った方がいいと思います。「胃腸薬」「風邪薬」「目薬」などなど。

現地のドラッグストアなどでも売っているのですが、薬のパッケージに書いている事柄は、ある程度中国語が分かる人でも何が書いてあるか分かりにくいので、間違って買ってしまう可能性もあります。

日本のパッケージのお薬も売っている場合もありますが、かなり割高になっています。

 

必需品8:折り畳み傘(薄手のカッパならコンビニで売ってる30元くらい)

必需品8:折り畳み傘(薄手のカッパならコンビニで売ってる30元くらい)必需品8:折り畳み傘(薄手のカッパならコンビニで売ってる30元くらい)

台湾旅行に行かれる方は、台北観光をされる方が圧倒的に多いかと思われますが、「台北は雨が多い」地域で、特にほとんどの方が行かれる千と千尋の神隠しで有名な「九份」は更に雨が多い地域となりまして「小さな折りたたみ傘」をカバンに入れておくと安心して観光することが出来ます。

現地のコンビニでも傘や簡易的なレインコートが安く売られているので、あらかじめそこで買っておいても宜しいかと思います。

 

必需品9:航空券の予約表を印刷しておく

必需品9:航空券の予約表を印刷しておく必需品9:航空券の予約表を印刷しておく

私自身今まで数十回飛行機に乗っているのですが、当日空港のチケットカウンターでチケットをもらう際、スマホの画面を見せたり色々試しましたが、

サイトから予約表を印刷しておき、カウンターで予約表とパスポートを見せる」日本の空港でも海外の空港でもこの方法が最もスムーズでした。この方法、是非お試し下さい!

最安値航空券を検索「sky ticket」

必需品10:Wi-Fi(ワイファイ)環境

必需品10:Wi-Fi(ワイファイ)環境必需品10:Wi-Fi(ワイファイ)環境

台湾にはワイファイ環境が整っていて、どこでもワイファイを拾うことが出来るというような噂もたまに流れていますが、実際の所、日本から持って行った携帯ではWi-Fiを拾うことが出来ない場合が意外と多いです。

台湾人が現地の携帯会社と契約したスマホなら拾えるところはたくさんあるんですがね。そんなわけで、マップでお店の場所を調べたり、インスタグラムなどのSNSにアップロードしたり、友達とLINEで電話したり「Wi-Fi環境があれば!」という場面が多々有るかと思いますので、ここは是非ポケットWi-Fiをレンタルされることをお勧めいたします。

台湾旅行「wifiレンタル」必要?おすすめ5選 空港や現地受取り
台湾旅行「wifiレンタル」必要?おすすめ5選 空港や現地受取り 今や旅行の時の必需品となっています「スマートフォン」、海外旅行の時でもインスタ映えする写真を撮ったり、その場でストーリーにアップ...

 

いかがだったでしょうか。人によって必需品は色々変わるかと思われますが、「これがあれば便利ですよ」というアイテムを紹介いたしました。皆様のお役に立てればと思います。

 

お問い合わせフォーム