台湾旅行アイテム

台湾でシムカード(simカード)を買う?Wi-Fiネット接続する3つの方法

台湾でシムカード(simカード)を買う?Wi-Fiネット接続する3つの方法台湾でシムカード(simカード)を買う?Wi-Fiネット接続する3つの方法

台湾に限らず、海外へ行った時もスマホって使いたいですよね。「LINE」を使って無料通話したり、「インスタグラム」で旅行をリアルタイムでアップしたり、「googleマップ」で地図を見て、現在地や観光場所を調べたり。

ネット環境があるのと無いのでは、かなり便利さや楽しさが違ってきます。日本に比べて、フリーのWi-Fiスポットは多いのですが、ホテルや一部の公共施設、駅等が主なフリーWi-Fiスポットで、もちろん街中では利用することが出来ません。

今回は、台湾でネット環境を整える3つの方法をお伝えいたします。

このサイトは台湾で3年間日本語教師と現地ツアー会社でのガイド経験がある管理人「サボテン」が台湾旅行に役立つ旬な情報をお届けしております。


1日590円!ただ今往復送料無料キャンペーン中!【台湾DATA】

(*上のボタンがクリックできなければキャンペーンは終了しています)

台湾でシムカード(simカード)を買う?Wi-Fiネット接続する3つの方法

ポケットWi-Fi端末をレンタルする

ポケットWi-FiポケットWi-Fi

Wi-Fi端末をレンタルし、今お持ちのスマホにWi-Fiを飛ばして使う方法です。端末さえセッティングすれば、あとは日本と同じように使えるので便利です。

ただし「Wi-Fi環境」になりますので、スマホのメールや日本の電話番号は使えません。フリーメールやIP電話ならOKです!下記にいくつかレンタル会社をご紹介します。

  1. 1日あたり690円の定額通信料金で24時間パケットし放題
    最新の超高速 4G LTE 対応・早割10%オフ・自宅に届きポストに返還
    台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ
  2. イモトのWiFi
    日本の空港カウンターでで受取・返却が可能
    お客様満足度No.1 イモトのWi-Fi

 

台湾の空港でsimカードを購入する

SIMカードSIMカード

お持ちの携帯電話がsimフリーの場合、台湾の空港でsimカードを購入し、そのスマホにシムカードを入れて使用する事ができます。

この方法は、日本でスマホを使うのと同じように使えます。ただし先ほどと同じく、スマホのメールや日本の電話番号は使えません。

その代わりに台湾で使える専用の電話番号がもらえます。こちらの方法は、一見難易度が高そうに感じますが、台湾の空港なら大抵カウンターの人がシムカード挿入から設定までやってくれます。

 

simカードを購入する方法

台湾の桃園空港でSIMカードを購入するご案内をします。

売り場は、ゲートを出て右方向に進むと右手にあります。「電信服務」と書いてある所です。

電信服務電信服務
電信服務電信服務

会社は3社ほど有りますが、どこでも大差は無いのです。一応お勧めは、「台湾大哥大」か「中華電信」です。

3日間ネット使い放題、通話料100元分が付いて「300元(1000円)程度」です。最大30日有効まで購入出来ます。

台湾大哥大台湾大哥大
中華電信中華電信

因みに購入したsimカードですが、6ヶ月以内に再度使用(チャージ)すると同じsimカードが使え、同じ電話番号が再び使えます。

SIMカード詳細SIMカード詳細

今回購入したのは、

「シムカード込みで800元、10日間ネット使い放題で、550元分の通話料金がセット」

というものでした。

また、シムフリーのポケットWi-Fi端末をお持ちの場合、同じ方法でsimカードを購入し、Wi-Fiをご自分のスマホに飛ばして利用できます。

 

台湾で安いスマホを買って「テザリング」する

台湾の格安スマホ台湾の格安スマホ

台湾現地で「安いスマホ」を購入して、そのスマホに台湾で買ったシムカードを入れて、ご自身のスマホにテザリングして使うという方法です。

この方法、私も以前使っていた方法ですが、最近は日本の大手キャリアにて契約されている方でも、スマホをSIMフリーにしてもらうことが出来る場合が多いかと思います。(詳しくは各キャリアにお問い合わせください)シムフリーにすると「海外のシムカード」が使えます。

さて、台湾で安いスマホを購入する方法ですが、普通に電気屋さんや携帯屋さんに行くと、パスポート呈示で買うことが出来ます。お値段はだいたい日本円で5.000円くらいからあります。

上の写真は、私が実際に現地で購入したスマホで、日本円で5.000円くらいでした。

台湾で買ったタブレット台湾で買ったタブレット

こちらも台湾で買ったタブレットです。テザリングで使う場合、電池の要領をよく使うので、タブレットにすると中々電池が減らないので便利です!

simカードを購入し、日本で使っているスマホにテザリングします。

この方法を取る特徴は、最初に書いたポケットWi-Fiをレンタルする場合と違い、台湾で使用できる電話番号がもらえます

電気屋さんでスマホやタブレットを買った場合は、その後通信会社「台湾大哥大」や「中華電信」に行ってsimカードを購入します。

「台湾大哥大」か「中華電信」なら台湾各地に沢山有りますので、店を探しても見つからない、ということはほとんど無いと思います。

以上3つの方法から、お好みの方法を選択していただいて、是非台湾旅行の際にお役立てください。


1日590円!ただ今往復送料無料キャンペーン中!【台湾DATA】

(*上のボタンがクリックできなければキャンペーンは終了しています)

台湾旅行「wifiレンタル」必要?おすすめ5選 空港や現地受取り
台湾旅行「wifiレンタル」必要?おすすめ5選 空港や現地受取り 今や旅行の時の必需品となっています「スマートフォン」、海外旅行の時でもインスタ映えする写真を撮ったり、その場でストーリーにアップ...

お問い合わせフォーム





Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapanese